馬券の点数を絞ることの重要性

競馬一般

今日は、馬券の点数を絞ることの重要性について書いていきます。
私の場合、馬券の点数を絞るのにはいくつかの理由があります。
以下、『均等買い(同一金額投資)』を前提に話を進めて参りますが、
「点数を広げることは回収率を下げること」を意味します。
1点買いで10倍を的中させれば回収率は1,000%になりますが、
2点買いなら半分の500%、3点買いなら1/3の333%、
10点買いなら元返しの100%となってしまい、
11点以上ならトリガミでマイナス収支となってしまいます。
的中率の向上と引き換えに、回収率を下げているのです。
点数を絞る1つ目の理由は、的中した時の爆発力を下げないためなのです。
1度の的中で何十レースもの負け分を取り戻し、
収支を一気にプラスに転じさせるには爆発力が必要なのです。
当然、的中率が低いため連敗を喫することになるわけですが、
勝つためには連敗を耐え忍ぶことも大切だと思います。

点数を絞る2つ目の理由は、戦いやすいからです。
『戦いやすい=戦術を立てやすい=勝ちやすい』ということです。
『馬券を買う』『予想大会に参加する』ということは『戦い』なのです。
戦う以上、勝負師なら負けるわけにはいきません。
どのように戦っても勝てるのなら苦労はしませんが、
戦い方を選ばずに勝ち続けることは、残念ですが私にはできません。
ですので、「勝てる戦い方ができるのが勝負師」だと私は考えています。
    ※『勝てる戦い方ができる=有利に戦いを展開できる』
戦い方が事細かく決められているのなら自由に戦術を立てられませんが、
幸い、胴元であるJRAは寛大なので、賭け方を事細かく規制していません。
つまり、我々予想家は自由に予想をして、自由に馬券を買って良いのです。
予想大会の場合、『上限1万円』などと制限があるものの、
予想の仕方や賭け方については、特に制限はされていません。
なら、それを最大限に活かし、勝てるように戦うのが勝負師だと思います。
均等買いでも勝てる予想法に戦術を更にプラスすることで、
負けない(負けにくい)戦いをするのは極めて当然なことだと思います。
それを踏まえて馬券の点数を絞り込んでいるのです。

点数を絞る3つ目の理由は、集計・分析・検証がしやすいからです。
以前にも書きましたが、自分の予想力を把握することは非常に重要です。
自分の力量を分からずに戦っても、たまに偶然勝てることはあっても、
安定して勝ち続けることは絶対に不可能だと私は確信しています。

『敵を知り 己を知れば 百戦危うからず』

過去のレースを分析し競馬を知り、自分の予想を分析し自分の力を知れば、
百戦全勝とはいかないまでも、プラス収支にはできると考えています。
それを証明できるような予想成績を残せるよう、日々努力しているのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました