3連単の多点買いを考える

AIRS

新たな予想法として3連単の導入を考えています。
と言っても、まだ検証もしていない試案レベルの話なのですが、
現在のAIレーティングシステム(AIRS)が見送ってしまうレースを
「3連単2頭軸のフォーメーションで狙えないか?」と考えています。

2頭軸、つまり1番人気馬と2番人気馬を軸にして3連単を組むわけです。
見送るレースはAIRSが1番人気馬と2番人気馬を選出した場合ですし、
これら2頭共に馬券に絡む確率が4割近くもある(うろ覚え)のなら、
3連単で狙えば回収率が100%超えるかもしれないと考えました。

今まで投資効率を考えて、馬券点数を絞ることばかり考えていたのですが、
3連単なら1着もしくは2着に不人気馬が絡んだり、
1番人気が3着になった場合は配当が跳ね上がる可能性があるので、
「ひょっとしたら、いけるかも」と考えています。
まあ、試案の段階ですので、まずは過去レースを引っ張り出して、
発生率、的中率、回収率の3つを検証してみようかと考えています。
もし1番人気・2番人気以外に馬券に絡む“第3の馬”に
何らかの傾向みたいなものが見つかれば、
点数を絞ることも可能になると思うので、
まずは、この試案が実践可能なのかを検証してみようと思います。

「勝てない勝負はやらない」というのは正しい考え方だと思うのですが、
「勝てない勝負を勝てる勝負に変える」という考え方の方が前向きですし、
与えられた機会をより有効に活用できることにもなるので、
今年の新たな課題として、今までとは違う予想法を考えたいと思います。

コメント

  1. アバター デッショ より:

    はじめまして。
    デッショと申します。

    「発生率」
    大事ですね。
    せっかく見つけた理論も、1か月に1回あるかどうかだと
    もういいやってなりますからね。

    • アバター 夢見ガチ より:

      デッショさん、はじめまして、おはようございます。
      コメントありがとうございます。

      おっしゃるとおりです。
      苦労して見つけた勝ちパターンでも、
      発生頻度が低くては、なかなか勝てません。

      やはり、ある程度は発生頻度の高いパターンでなければ、
      実践には向かないと私も考えてます。

タイトルとURLをコピーしました