いよいよ3場開催

AIRS

明日から小倉競馬が始まり、関東・関西・ローカルの3場開催となります。
すでに今年の競馬は金杯の日から始まってはいるのですが、
ローカル開催、特に小倉競馬の開幕を心待ちにしていた私にとっては、
明日が今年の競馬の開幕といった感じです。

かと言って、「小倉競馬に絶対的な自信があるのか?」と言えば、
そうとも限らないのですが、過去データ的に小倉競馬は最も相性が良いのです。
「過去のデータが未来の結果を保証する」とは必ずしも言えませんが、
データ的な裏付けがあるだけに自然と期待は高まります。

ただ、データ的な裏付けと言っても、それはシステムの相性の話であって、
「昨年高配当を取ったから今年も高配当が取れるだろう」みたいな話ではありません。
競馬で勝つためには、穴馬・人気馬に関係なく、
馬券に絡む確率の高そうな馬をしっかりと捉えることが大切です。
最終的にプラス収支になるのであれば、配当や人気など関係ありません。
ですので、最初から「穴馬狙い」「高配当狙い」と決め付け、
無謀な戦術に出ることは、愚策以外の何物でもないと思います。
配当に関係なく、『取れる馬券を取る』のが最善策だと私は考えています。

とは言え、以前も述べましたとおり、
ローカル開催用のパラメータセッティングの方が穴馬寄りになっているため
関東開催より高配当を捉える可能性は高いと思います。
「馬連で狙えば」の話ですが、ひょっとすると50倍以上の高配当を
1点でズバリと仕留めることがあるかもしれません。
もちろん、あくまで運次第なのですが、ローカル開催では思いもよらない
高配当が引っ掛かるかもしれないので、正直、少しワクワクしています。
まあ、このような話は『捕らぬ狸の皮算用』ですので、
明日から始まる小倉競馬ではしっかりとプラス収支になるよう、
油断することなく、気を引き締めて頑張って参りたいと思っています。
と言っても、頑張るのはAIレーティングシステム(AIRS)なのですが(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました