矛盾した理屈

競馬一般

残念なことですが、競馬サイトには怪しいサイトが少なくありません。
怪しいサイトの大半は予想販売を目的としている予想屋サイトですが、
騙しの手口も巧妙となり、その手口の種類も様々な手口があります。
競馬サイトへ跳ぶリンク、逆に競馬サイトから跳ぶリンク、
競馬サイトに貼られたバナー広告をクリックする際は注意が必要です。
こんな事を書いて注意を促すのは、競馬ファンとしては悲しいことですが、
現実的に、競馬サイトの多くには危険なサイトが潜んでいるのです。

競馬において怪しいのは、何も競馬サイトに限った事ではありません。
競馬ビジネスの大半は詐欺まがいの商法が中心となっている気がします。
馬券必勝本の類も厳密にいえば、かなりグレーな感じもします。
どこまでがOKで、どこからがNGか、線引きがハッキリしていない分、
その判断は曖昧で不確定ですが、基本的に儲け話を持ち掛ける商法は、
全体的に『危険』と認識しておくのが無難だと思います。

詐欺を見分ける方法は、まずは冷静に判断することだと思います。
基本的に、詐欺の語る理屈は矛盾しており、あり得ない話なのです。
その最も典型的なのは『必ず儲かる』です。
必ず儲かる話を他人に紹介するお人好しは、この世に存在しません。
本当に必ず儲かるなら、他人に教えず、自分で実行するはずです。

昨日のオカルト予想の話と少し被るのですが、
サイン予想の『サインの存在』も矛盾した話だと私は考えています。
もし仮にサインと呼ばれるような『暗号』が存在するのなら、
「誰が」、「誰に」、「どのような方法で」、伝達するのでしょう?
そもそも、サインをサインだと認識できる術は何でしょう?
そして、すでにサイン予想は広く知れ渡っていて秘匿性がありません。
すでにバレてしまっているサインを使い続ける理由が全く無いのです。
同じ事が出目にも言えると思います。

出目にしても、枠連しかなかった時代の産物です。
「○○レースの出目がXXレースの出目と連動している」と言っても、
枠は8つしかないので、25%の確率で偶然に出てしまうのです。
そこには理論も法則も存在しません。自然の出現確率なのです。
『○○理論』などと、さも意味ありげに言っても、
所詮は自然の出現確率に従った“数字遊び”でしかありません。
今のように馬番が主流になった時点で、その役目は終わりました。
サイン同様、出目も遊びやゲームとしては面白いので、
全力で叩いて否定する気はありませんが、
非科学的な現象に惑わされる時代ではなくなったと思うので、
このようなオカルト予想はホドホドにしておいた方が良いと思います(笑)

繰り返しになりますが、詐欺の語る理屈は矛盾しており破綻しています。
本当に勝てる予想理論なら、ガラス張りに予想成績が公開されている
ウマニティ予想コロシアムのような予想大会で公開すれば良いのです。
予想成績を捏造したり、画像編集ソフトで不正に加工した
偽造的中馬券の画像で集客している悪徳予想屋サイトは少なくありません。
くれぐれも、このような悪徳予想屋サイトには、お気を付けください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました