コンピ指数

競馬一般

調査したわけではないので、あくまで私の憶測に過ぎないのですが、
おそらくコンピ指数“商業的に”もっとも成功した
競馬予想用の指数ではないかと私は考えています。

あえて『商業的』と強調したのは、成績的には疑問が残るからです。
別に「コンピ指数で予想しても勝てない」と言っているわけではありません。
ただ、コンピ指数に関する必勝本が多く出版される(された)ということは、
過去に出版された必勝本が必ずしも“必勝”ではなかったため、
あの手この手と手口を巧妙に変えて、それらしい必勝本の類が
幾度となく繰り返し出版されている(いた)のではないかと想像しています。
と言うことは、ひょっとして「使えない指数なのか?」という疑問が湧きます。

「いや、それは違う」といった意見があるかもしれません。
考え方によっては、使える指数だからこそ多くの必勝本が出版され、
多くの人がその必勝法を用いたため、特定のオッズが極端に下がってしまい、
必勝法として役に立たなくなったから新しい必勝法が編み出された。
そして、その新しい必勝法が・・・そのまた新しい・・・以下ループ(笑)
本当のところ、何故あのように多くの必勝本が出版されたのか疑問です。

詳しいことは公式に発表されていないので分からないのですが、
「コンピ指数は専門紙などの予想の印を点数化した指数である」といった噂があります。
だとすると、コンピ指数は競走馬の能力を指数化したのではなく、
予想家の評価を指数化しただけの“人気指数に近い性質”である可能性があります。
いずれにせよ馬券で勝てさえすれば良いのですが、
果たして長期的にコンピ指数を使って勝っている予想家はいるのでしょうか?
実際の有用性が気になるのですが、こればっかりは調べようがありません。

コンピ指数が商業的に大きな成功を収めた最大の理由は、
その“とっつきやすさ”ではないかと私は想像しています。
まず『小数点以下のない数値』なので非常にシンプルである点。
しかも、同じ数値がないので『必ず順位分けされている』点も。
そして『最小40~最大90』と少し半端な範囲の数字を用いている点が、
どことなく神秘的で「ムムム・・・、この指数ただ者ではない」と
“使える感”を醸し出すのに一役買っているのかもしれないと考えています。
順位を明確に分けることで「○○の時は指数○位~○位を狙え!」など、
予想の仕方としてターゲットレンジを明確に指示できる点は
初心者でも非常に分かりやすく、とっつきやすいと思います。
多くの人が利用することで相乗効果が生まれ、
新しい活用法がドンドンと考え出された可能性もあります。
いずれにしても多くの支持を集める指数であることは間違いありません。

私自身、数ヶ月間使っていたことがありました。
しかし私には合いませんでした。
その理由は、なんとなく“オカルト臭”を感じたからです。
昭和の時代に流行ったサインや出目はアナログ的なゲームといったものでした。
時代が平成に移り、枠連から馬連に変わったことでサインも出目も廃れたので、
代わってコンピ指数がデジタル的なゲーム感覚で楽しめる手軽な予想ツールとして、
オカルト予想ファンを含め、多くの人から絶大な支持を得たのだと考えています。
つまり、競馬についての知識や特段優れた予想スキルを持ち合わせていなくても、
数字ゲームとして「コンピ指数の数値と馬券に絡む馬番との因果関係さえ見つけ出せれば、
競馬で大儲けできるかもしれない」という期待を利用者に抱かせた
ことが、
コンピ指数が商業的に成功を収めた理由の一つであると私は考えています。
そういう意味ではコンピ指数は競馬ファンを増やした功労者的存在とも言えるので、
発明した人物は競馬業界にとって、正に功労者だと言えるのかもしれません。

コメント

  1. アバター 高橋是 より:

    お疲れ様です。高橋です。

    コンピ指数というのは初めて聞きました。コンピューター指数の略語でしょうか?

    夢見ガチさんのおっしゃる通り、流行りすぎた為にオッズに悪影響が出ている状態かと私も思います。はじめは勝てたんでしょうね。でないと流行りはしないでしょうから。

    勝ち続けるためには、やはり自分で勝てる理論を構築し、ロジックは誰にも教えない。これしか無いと思います。

    • アバター 夢見ガチ より:

      高橋さん、おはようございます。

      いえいえ、逆です、逆。
      私はコンピ指数に対して懐疑的な立場です(笑)
      しかし、コンピ指数愛用者なら「コンピ指数は凄いんだ!」
      「流行ったからオッズが崩壊したんだ!」と考えるかも?という視点で、
      記事の中に1つの例として“逆の立場”の意見も書いたのです。
      ちょっと分かりにくかったかもしれません。申し訳ありません。

      コンピ指数は検索すれば色んなサイトが出てきますし、
      必勝本の類も50冊以上出版されている人気の指数です。
      一応、記事の中にも日刊スポーツへのリンクを貼っておきましたので、
      気になるようでしたら冒頭のコンピ指数の文字のリンクを
      クリックして日刊スポーツの公式サイトをご覧になってみてください。
      ここにWikipediaへのリンクも貼っておきます。

      「流行る=儲かる」は「人気馬=強い」に通ずるものがあって、
      こと競馬においては多数派が正しいとは限らない場面が多々あるので、
      あまり鵜呑みにしない方が良いケースが決して少なくありません。

      おっしゃるように、勝つためには
      自分自身の理論を独自に構築するしかないと思います。
      お金を賭けるギャンブルですので予想法を共有した時点で
      その独自性が崩壊し、予想法としては無力化されます。
      ですので、ロジックやシステムは「誰にも教えない」
      できれば「ヒントすら与えない」が基本となります。
      なので、お友達ごっこは意味が無いということになります。
      結局、同じ馬券を持っていない人は全て敵でしかありません。
      他の人に外れてもらわなければ自分の馬券は当たりません。
      なので、競馬において他人とベストな関係性があるとすれば、
      それは『ライバル(好敵手)関係』以外に無いと思います。
      互いに切磋琢磨し、競い合える関係こそがベストだと言えると思います。

  2. アバター 高橋是 より:

    おはようございます。高橋です。

    すいません。私の文脈、文章の締め方が悪いせいで誤解を与えたみたいですね。夢見ガチさんとはこれまでやりとりしてきた流れがありますから、大丈夫です。誤解はありません。

    人気とは世間様の評価の総合であり、それ以上でもそれ以下でも無いのですが、結果的には人気の通り好走率は収束されます。
    今私吉野家で豚汁食いながら文章作成しておりますので、正確な数字、データ期間は忘れましたが、3連複の平均配当は2万を超えていたはずです。

    これが何を意味するか、夢見ガチさんには言うまでも無い事でございます。

    そうそう。夢見ガチさんの存在が私を更に高めている。妥協無く更に上を目指していく姿勢を与えてくれております。強者でいてくれて感謝です。

    • アバター 夢見ガチ より:

      高橋さん、こんにちは。

      こちらこそ申し訳ありませんでした。
      文字だけのコミュニケーションにありがちな言葉の行き違いですね。

      はい。人気順に好走率も収束していますね。
      だからと言って人気馬を買っていれば勝てるわけではないという話ですね。
      好走率が必ずしも回収率と連動していませんし、回収率を考えれば、
      むしろ穴馬を狙った方が的中率こそ低くなってしまいますが、
      回収率的には美味しくなる傾向にあります。(自分調べ)
      しかし資金の回転率を考えると穴狙いは分が悪いので、
      比較的人気馬の連勝馬券で狙うというのが今の私のスタイルです。
      回収率はともかく、的中率を何とかしないといけませんが(笑)

      やはり、やるからには上を目指したいですよね。
      上に人がいないならともかく、上にはまだまだ強い人がいるので、
      今のままで満足するわけにはいきませんからね。
      私としても高橋さんに追い付かれないように、
      もっともっと頑張らないといけません(笑)

タイトルとURLをコピーしました