WEB競馬新聞の価値上昇?

競馬一般

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、
地方競馬では、すでに木曜日(2/27)から無観客開催を実施していますし、
中央競馬でも、今週末(昨日2/29)から無観客開催が開始されました。
これに伴い、馬券の発売・払戻は電話・インターネット投票のみになりましたので、
この機会に、一気にWEB競馬新聞が普及するのではないかと考えています。

普段ネットを使わない層の人たちがネット投票を始めることによって、
競馬情報サイトを利用するキッカケになるかもしれません。
となると、ネット検索で見つけやすいサイトが有利になるのではないでしょうか。
『競馬新聞』で検索すると『競馬ブック』『日刊競馬』が上位に出てきますし、
『競馬サイト』ですと『netkeiba.com』『競馬ラボ』が上位に出てきます。
このように普段からネット検索で見つけやすくしておいた大手サイトと、
そうしていなかった弱小サイトとの力関係が、
今回の無観客開催によって鮮明になってくると思いますし、
もし長期化するようなことになれば、より鮮明になると思います。

WEB競馬新聞初心者にとって不慣れなのが、横書きスタイルではないでしょうか?
通常、ネットで見られる出馬表(馬柱)は横書きが中心なのですが、
紙媒体の競馬新聞を見ている人の多くは縦書きに慣れていると思います。
それと、無料で見られる出馬表(馬柱)にはプロ予想家の印がありません。
予想の印を見ないで予想することに慣れている人は特に困りませんが、
プロ予想家の印を参考にしている人だと、予想しにくいと感じるかもしれません。
また、調教タイムや厩舎のコメント等も無い場合が多いと思います。
私自身、競馬新聞や出馬表(馬柱)を全く見ないので詳しくは知りませんが、
有料サービスならプロ予想家の印のある競馬新聞が利用できると思います。

最後に、おすすめサイトいうわけではありませんが、
もし迷うようであれば、とりあえずnetkeiba.comを見てみることをお勧めします。
無料でも十分に楽しめますし、月額500円(税別)のプレミアムコースに入れば、
十分過ぎるくらいに競馬が楽しめるようになると思います。
もっと充実したければ、月額792円(税別)~のスーパープレミアムコースもあります。
時間をかけて探せば、ピンからキリまで色んな競馬サイトが見つかると思いますが、
手軽で安心ということでしたら、netkeiba.comで間違いないと思います。
まあ、競馬サイト最大手なので、当然と言えば当然なのですが(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました