“Don’t feel! Think.”な予想スタイル

競馬一般

カンフー映画のスーパースター、ブルース・リーの名台詞
“Don’t think! Feel.”(考えるな、感じろ)
それに対抗するわけではないのですが、
私の競馬に対するスタイルは真逆で、”Don’t feel! Think.”です(笑)
要するに「感覚に頼らずに、頭でしっかりと考える」ということです。
ここで勘違いしないでいただきたいことは、
「しっかりと頭で考えて予想しなさい」と言ってるのではなく、
「予想法をしっかりと考えなさい」という意味だということです。

オカルト予想のようなキテレツな予想法を用いてる予想家を除いて、
多くの人は概ね同じような情報を基に予想しているのだと思います。
それにもかかわらず、勝つ人と負ける人が生まれます。
いったい何が違うのでしょう?

話が少々逸れますが、ラーメン店には繁盛店と閑散とした店があります。
基本的にラーメンはスープ、麺、具の3つで構成されています。
材料となるものは概ね同じなのに、完成品に生まれる差。
私は、完成に至るまでの調理の方法が違うと考えています。

調理と同じように、予想も“方法”が大切だと思うのです。
教えてもらった予想法に、教えてもらった情報を入れるだけでは、
他の人と同じような予想しかできないと思うのです。
競馬をする人の約97%は負け組だと言われています。
他人と同じ事をやっていても多数派から抜け出せません。
そこで考えるんです。「どうしたら勝てるのか?」と。

感覚に頼っていては勝てないので、まずはしっかりと成績を記録します。
そして悪い点をしっかりと洗い出します。
勝てない人の一番の特徴は“無駄な馬券を買い過ぎる”点です。
要するに、ハズレ馬券を大量に買っているのです。
これでは勝てるはずもないのですが、考えない人は気付きません。
「考えてない人などいない」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
世の中には考えることを放棄した人が少なくありません。
まずは考えることです。本当に勝ちたければ、まずは考えるべきです。

このような考え方をしている私の競馬に対するスタイルが
“Don’t feel! Think.”な予想スタイルというわけです。
考えるべきは予想法の方で、予想自体ではないと考えています。

コメント

  1. アバター 高橋是 より:

    ご無沙汰しております。高橋です。

    考えない事もヤバイですけど、決め付けちゃう人。これも結構ヤバイですね。
    ひどいのになると、競馬は勝てない。と決め付けちゃってる人もいますしね。たいして研究もしてないくせにね。だいたいそういう人は頭固いんですよね。誰かが決めたレールの上を歩いてきたようなタイプに多いのかな?でも物事には必ず始まりがあって、初めに誰かが決めたわけなんだけど、何故そうなっているのかルーツを探ったりすると案外面白かったりしますよ。

    • アバター 夢見ガチ より:

      高橋さん、おはようございます。
      いつもブログ拝見させていただいております。

      全く、おっしゃるとおりです。
      思い込みが激しくて、決めつける人、少なくありません。
      「競馬は勝てない」と決めつける人も少なからずいますね。
      「勝てないようになっているんだ!」と主張しながら、
      毎日のように競馬をやっている人もいるぐらいですし(笑)

      結局、何も知らない・・・いや、知ろうとしないのです。
      この“知ろうとしない”消極性が一番ダメだと思います。
      消極性、つまりは常に“受け身”の姿勢なのです。
      与えられたものを与えられたままに受け取るだけ。
      これでは何も変わりません。
      まず、「気になったら調べる」ができない。
      そもそも、そういう人は何も気にならないから、
      次の「調べる」とか「探る」という段階に進まないのだと思います。

      予想成績を見れば勝てないことは一目瞭然なのですから、
      新たな予想法を模索しても良さそうですが、頑なに予想を変えない。
      実は、頑ななのではなく、ただ単に何も考えていないので、
      「予想法を変える」という発想自体が出て来ないのだと思います。
      何も考えない人たちは何をやっても何も学ばないので、
      今日の17時頃には今週のレースで負けたことなど忘れて、
      来週のメインレースの話をしてると思います。
      先週負けた予想法で今週も負け、また来週も負ける(笑)
      何も変えないので、何も変わるはずがありません。
      でも、それで良いのだと思います。

      これが誰かによって作られた世界なら、作った人は天才です。
      本当に“巧く”出来てると思います、競馬の世界というものは(笑)
      なので、自分が損をしない側なのなら、壊す必要もありません。
      こうして今日も平和に競馬は行われます。
      めでたしめでたしです!(笑)

タイトルとURLをコピーしました