【分析データ】2020年3月第2週

予想コロシアム

AIレーティングシステム(AIRS)の予想で参加している
ウマニティの予想大会『予想コロシアム』の成績が更新されましたので、
2020年3月16日(月)更新の予想成績のスクリーンショットを公開いたします。
なお、予想成績の詳細はトップページのメニュー『通算予想成績』から
ウマニティ内の夢見ガチのページにアクセスして、ご覧ください。

上の画像は『予想印』の成績です。
AIRSでは主にワイド、もしくは馬連で予想を登録していますので、
私が気にしているのは赤枠で囲んだ複勝的中率だけです。
この週末は計7レース予想登録したのですが、的中は僅か1レースだけでしたので、
やはりと言いますか、複勝的中率50%を維持することはできませんでした。
本命『◎』が2.3%、対向『○』が0.8%ほど複勝的中率が低下しました。
馬券の中心となる本命『◎』ですので、なんとか改善しないといけません。

上の画像は『予想印2』の成績です。
赤枠で囲んだ予想印『◎○』の成績がAIRSにおける最重要項目です。
この成績は投票金額の強弱に関係なく均等買いの成績となっています。
今回の的中は1・2着でしたので馬連と馬単の成績こそ改善したのですが、
7レース中1レースのみ的中でしたのでワイドの成績は低下してしまいました。
馬連的中率が0.6%、馬連回収率が7.3%ほど改善した反面、
ワイド的中率が1.2%、ワイド回収率が8.4%ほど低下しました。

いよいよ予想コロシアム第165回大会も残すところ今週末のみです。
規定レース数クリアーまで後14レースも予想登録しないといけないで正念場です。
天気予報を見る限り、今週末の天気は悪くなさそうなので、
先々週のように上位人気馬で決着する堅いレースが多くなることを願っています。

突然こんなことを申し上げるのは心苦しいのですが、
予想コロシアム参戦の情熱がどんどん冷めてきています。
別に「最近になって急に」というわけではないのですが、
俺プロのように『毎週がガチバトル』ではなく約4週のロングランなので、
緊張感が持続せず、消化試合を淡々とこなしているようになってしまうのです。
また、明確な目標を設けるにしても、評価基準が非公開で曖昧なため、
予想家レベルやランキング、プロテスト等にも全く興味を持てないのです。
GIレベルだからといって必ずしも予想が上手いというわけでもありません。
ネットの噂レベルの話ですが、有料のVIP会員の評価基準が甘いのも、
予想スキルを競い合う競技大会の評価においては公平性に欠けると思います。
俺プロのように公開ルール上で規定レース数と登録金額を明確に決め、
単純に回収率競争で“平等に”評価する方が公平だと思えるのです。
このように感じているので、近いうちに予想コロシアムから、
ひいてはウマニティからの完全撤退を考えています。
おそらく、そう遠くはないと思います。。。

コメント

  1. アバター 高橋是 より:

    お疲れ様です。高橋です。

    ウマニティはプロになっても50%もピンハネされますから、魅力無いですよ。
    実績証明の為の活用とか、分析データ作成とかに活用するのがベストかと私は思います。

    • アバター 夢見ガチ より:

      高橋さん、おはようございます。

      ウマニティのプロ予想家は50%もピンハネされているんですか?
      あの集客力で50%もピンハネされたらキツイですね。
      おかべプロが公認プロを辞め、フリーになったのも頷けます。

      「おそらく」ですが、netkeiba.comも同じくらいだと思います。
      なので、俺プロで一番最初にプロになったベンガルウマさんが
      速攻で公認プロを辞め、レジまぐに移ったのだと思います。
      ですが、netkeiba.com程の集客力があるのなら、
      例えピンハネ率が50%だとしても十分稼げると思います。
      『ピンハネ率=集客のためのコスト』ですので、
      集客力が高ければ、当然ピンハネ率が高くても順当と言えます。
      まあ、出店の際のテナント料と同じですので、
      立地が良くて集客が見込める所はテナント料も高いですからね。
      お客様さえ集まるのなら“毒まんじゅう”でも“薄めた酒”でも
      売り放題ですからね、私の元ウマフレも当たらない予想を
      週末だけでなく、平日もせっせと売りまくっていますよ(笑)

      問題となるのは、集客の柱となる『コンテンツの充実ぶり』です。
      お客様が「利用したい」と思うようなコンテンツを提供しなければ、
      当然、集客にはつながらないのですが、
      ウマニティのコンテンツはお世辞にも充実してるとは言えません。
      全てが古く、魅力に欠ける中途半端なコンテンツばかりです。
      最近、U指数新聞なるものを拝見したのですが、
      あまりの貧弱ぶりに声を失って呆れてしまいました。
      見た目からして個人サイトの“無料新聞レベル”なのです。
      あれではお客様は「利用したい」とは思わないでしょう。
      ウマニティの致命的なのは、予想を売りたいはずなのに、
      逆に予想の下手な人たちを公認プロにしてしまっているので、
      あれでは自らブランドイメージを壊している愚行でしかありません。
      良質な人材が揃えられないので苦肉の策なのでしょうが、
      あれでは本末転倒で、完全に逆効果でしかありません。

      やはり、高橋さんのおっしゃるように、ウマニティの活用法は
      『実績証明』と『分析データ作成』に限られるのだと私も思います。

  2. アバター 高橋是 より:

    お疲れ様です。高橋です。

    ウマニティは私が聞いた話ですとそうだったような、夢見ガチさんが知らないというのは意外でした。俺プロは確かな話は知りません。私は基本的に憶測では議論しない方針でございます。

    予想って何らかの足しにする方法という意味で買ってくれる人もいるでしょうけど、競馬の素人は、書いてある通りの馬券を買って儲かるか否かが大事みたいですね。これは私の意見では無く、私が直接調査した結果です。だって、楽だから。手っ取り早いし。金払うんだから楽して稼がせてよ。だ、そうです。素人は。ですよ。そう考えると、ウマニティの負け組みプロ予想家達が売れないのは当然だなと思います。そりゃ客も離れますわ。

    • アバター 夢見ガチ より:

      高橋さん、お疲れ様です。

      いや、知っていました(笑)ネットの噂レベルで。
      それに「知ってる」と明言してしまうと、
      「どこから情報が漏れた?」的な詮索にも発展しかねないので、
      ネットのような公の場では基本的にボヤかしています。
      なので、やんわり「へ~、そうなんですね~」で通しています(笑)

      予想を買う客層の人たちは基本的に苦労を好みません。
      だからこそ手っ取り早く予想を買って丸乗りするのです。
      参考にする程度ならスポーツ紙でも十分だと思いますし。
      考えることを苦痛だと感じる人たちが客層になるので、
      基本的には当たった話だけを派手にすればいいと思います。
      過去の実績なども特に調べたりはしないと思うので、
      「当たりました!」「儲かりました!」的な宣伝で十分かと。
      実際、競馬サイトの宣伝はそんな類の宣伝ばかりですし(笑)

      ウマニティの問題は、ガラス張りの完全公開なのに、
      勝てない予想家ばかり揃えている点です。
      完全公開は優秀な予想家を揃えてこそ効果的なのです。

      想像してみてください。
      もし歓楽街でブサイクな女の子の写真を並べたら、
      お客様が寄って来ないと全く同じ話です。
      なので、綺麗どころの写真だけを派手に使ったり、
      光やソフトフォーカスでチョロッとボカすのです(笑)
      価値が無いものにお客様はお金を落としません。

タイトルとURLをコピーしました