予想法の見直し

AIRS

当たりません。全く当たらなくなりました。
当たらない原因がAIRSのロジックそのものにあるのか、
参照している指標にあるのか、現時点では分からないのですが、
このまま続けてもラチが開かないので、本格的に見直しを図ろうと思います。

それに伴い、今週末(4月第1週)から
俺プロへの参戦を暫くの間、お休みしようと思っています。
予想コロシアムにつきましては、4週間の戦いですので、
第166回大会への参戦は今後も継続する予定でいます。

俺プロ不参戦に伴い、暫くの間ブログの更新頻度を下げようと思います。
4月1日(水)、俺プロの予想成績、
4月2日(木)、予想コロシアムの分析データを更新し、
4月3日(金)以降は、予想コロシアムの分析データの更新だけを行う予定でいます。

今更ですが、現行のように機械的に上位人気馬だけを組み合わせて
馬連・ワイド1点だけで勝負する予想スタイルでは限界があるのかもしれません。
先日も申し上げたことですが、理想としてはターゲットレンジを拡げ、
もう少し穴馬を狙えるようにしないと安定して勝てないと感じています。

昨日、中山開催の3R以降が降雪で中止になった後、
中京開催で穴馬狙いをしていた時に強く感じました。
「穴馬狙いの方が楽しいな」と。
それに穴馬狙いは楽しいだけではありません。
的中した時の爆発力が格段に違います。
いつもいつも荒れるわけではないので高配当狙いだけでは勝てませんが、
低配当ばかりを狙っていて勝てないと“虚しさ”みたいなものを感じるんです。
穴馬を狙って負けても「どうせ穴馬だから」と割り切れたりするのですが、
人気馬を狙って負けると凄く切ない気分になることがあるんです。
それに、巻き返したくても爆発力が無いので数回当てないといけないのですが、
今のように的中から遠ざかっていると勝てる気が失せてしまうのです。

という訳で、自信を取り戻すために予想法の見直しを図ります。
予想コロシアムの成績次第で俺プロへの再参戦を考えるつもりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました