【分析データ】2020年7月第3週

予想コロシアム

AIレーティングシステム(AIRS)従来型穴馬狙いの予想で参加している
ウマニティの予想大会『予想コロシアム』の成績が更新されましたので、
2020年7月20日(月)更新の予想成績のスクリーンショットを公開いたします。
なお、予想成績の詳細はトップページのメニュー『通算予想成績』から
ウマニティ内の夢見ガチのページにアクセスして、ご覧ください。

上の画像は『予想印』の成績です。
AIRSでは主にワイド、もしくは馬連で予想を登録していますので、
私が気にしているのは赤枠で囲んだ複勝的中率だけで、
単勝的中率や単複回収率は現時点では特に気にしていません。
週末は7/18(土)11レース、19(日)17レース、計28レース登録し、
本命『◎』は1着6回、2着6回、3着5回、計17回、予想数195回から223回、
対向『○』は1着0回、2着1回、3着4回、計5回、予想数195回から223回、
単穴『▲』は1着5回、2着1回、3着3回、計9回、予想数64回から92回、
連穴『△』は登録した28レース中27レースに打ち、
1着0回、2着1回、3着1回、計2回、予想数63回から90回になりました。
本命『◎』の複勝的中率は0.8%ほど改善し、54.4%から55.2%に、
対抗『○』の複勝的中率は3.4%ほど低下し、45.1%から41.7%に、
単穴『▲』の複勝的中率は2.2%ほど改善し、25.0%から27.2%に、
連穴『△』の複勝的中率は3.9%ほど低下し、20.6%から16.7%になりました。

上の画像は『予想印2』の成績です。
今回は非常に多くのレースを予想登録したのですが荒れたレースが多く、
対抗『○』が殆ど馬券に絡まず、連勝式の成績が酷く悪化してしまいました。
突然こんな話をしても全く信憑性はありませんが、
コロナの影響で無観客開催になる前は、馬連回収率の目標値は120%でした。
しかも、夏のローカル開催は“稼ぎ時”になると考えていました。
それが蓋を開けてみると・・・こんな無残に。。。
見る影もありません。正に“机上の空論”です。
この程度の予想理論で予想コロシアムの連続プラス収支を継続できているのは、
“追い上げ式”と“勝ち逃げ”という卑怯な戦術を使っているからに他なりません。
なお、この成績は投票金額の強弱に関係なく均等買いの成績となっています。

今回は全然良い所が無かったので、あまり語る事がありません。
先週、穴馬狙いの調子が良かったので、普段より多くのレースを登録したのですが、
その作戦が完全に裏目となり、散々な予想成績となってしまいました。
連穴『△』27レース登録して2レースしか馬券に絡まないようでは話になりません。
せめてもの救いは金額を低めに設定しておいたことだけです。
幸い傷口は浅く、すでに規定されている最低予想登録レース数はクリアーしたので、
残る3週は焦らず、何とかプラ転させて、勝ち逃げしたいと考えています。
ただ、これだけ当たらないと強気にはなれず、勝てる気が全くしません。
「どうすれば馬券に絡む馬が見つけられるのか?」まだまだ迷走が続きそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました