観客が馬に与える影響

競馬一般

事前にインターネットで指定席を予約・購入された方に限った話ですが、
今週末から競馬場への入場が再開されることになりました。
毎週競馬に興じる者としては、大変喜ばしい事ではあるのですが、
それに伴ってレースの傾向が変わるのではないかと少々心配しています。

「観客の有無は競走馬のパフォーマンスに影響するのだろうか?」

ブリンカーやシャドーロール、メンコなど馬具を装着して、
脚質(走法)や競走成績がガラッと変わる馬がいるわけですから、
少なからず音や影などが馬のパフォーマンスに影響していると思われます。
コースから客席まで、ある程度の距離があるとはいえ、観客の声や人影が
競走馬に何らかの影響を与えたとしても、全く不思議ではないと思います。
まあ、実際に始まってみないと何も判らない事なのですが、
今までより堅く収まるレースが多少増えるのではないかと想像しています。

また、現地で紙の馬券が買えることで、
オッズの動きにも何らかの影響があるのではないかと考えています。
無観客開催の間もインターネットで投票自体はできていましたが、
“それなりの金額”を賭ける人たちは紙の馬券の方が都合が良いと思うので、
今週末からのオッズの動きにも注目したいと考えています。

上記のように、今週末からは『競馬場への入場再開』、
そして『競馬場(現地)での馬券販売再開』だけでなく、
『開催替わり(中山⇒東京、中京⇒京都、新潟)』でもあります。
いろいろと例年とは違う不確定要素の多い開催になるので、
いつもに増して慎重さが求められる開催となるかもしれません。
私は臆病者なので、少しでも不安があると投票金額を抑えるのですが、
今回は前回と同じく1,000円程度からスタートしようかと考えています。
投票金額を極端に下げてしまうと、例えプラス収支で終えたとしても、
今の予想家ランクやレベルが下がってしまう恐れがあるので、
最低でも4桁スタートが理想ではないかと考えています。
最終的な判断は今日・明日に行うバックテストの結果次第ですが、
今週末から始まる予想コロシアム第173回大会も
何とか無事にプラス収支で締め括れるよう精進してまいります。

最後に、ようやく少しずつではありますが、日常を取り戻しつつあります。
まだまだ油断はできませんが、うがいや手洗いと言った、
簡単にできる身の回りの事からコロナ予防に努めたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました